霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS これも失恋なのか?

<<   作成日時 : 2008/03/31 09:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、妹のように可愛がっていていとこが結婚した。
誰からも祝福させる良い結婚だった・・・・と思う。が、新郎が、ワシの大嫌いな某新興宗教団体の関係者であることに少なからずショックを受けた。なんせ、披露宴の出席者の半数はその団体から給料をもらっているバリ会員なんだから、さすがに引くわ。
こちら側の親族はみな、伝統仏教関係者なので、よくモメなかったと感心するが、そこは大人の対応と言うことでしょう。本人同士の自由恋愛の結果としての結婚なのだから、それにケチをつけるような器量の狭い人間はいなかったようだ・・・・・ワシ以外は(苦笑)。

披露宴で盛り上がっている最中、ワシだけが非常に低いテンションだったので、親族から「スイレン君、なんで負けたような顔しているの(笑)」とか「先を越されたから焦ってるのか?」などと茶化される羽目になった。

ワシがあまりにも落ち込んでいるので、ワシの彼女から「どうして恋人がいるのに落ち込んでいるの?」と何度も質問された。そうだ、何で落ち込んでいるんだろう・・・。
「もしかして、好きだったの?」
う〜ん、生まれたときから知ってる相手だし、歳も離れているから考えたことはないが、そうだったのかもしれない。ワシ自身、恋人がいる状況で、今となってはどうだったのか思い出せないが、そうだったのだろうか・・・。

つーことは、自分が好きだった相手の披露宴に出席して、大嫌いな組織の人間とラブラブな姿を見せられたのだから、確かに地獄だな、こりゃ(笑)。

それにここまでは、完璧にホロスコープどおり。人生のスタートから現在までを良く知っている相手のホロスコープを見るといつも驚かされる。自分では、その場その場で決断しているつもりでも、ホロスコープを見れば、それが「あらかじめ定められていた方向」であることが分かる。
ならば、結婚後の試練についても、「予定通り」に起こるのだろうか。

様々な想いと、敗北感(笑)を抱きながら、ワシも早く結婚して「ご祝儀分は取り返そう」と決意するのであった。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
これも失恋なのか? 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる