霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS ぎっくり腰

<<   作成日時 : 2007/06/22 13:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

忙しくて一ヶ月もブログを放置してしまった・・・・。
コメントくれた方スミマセン、見にきてくださった方スミマセン。
いっさい休みを取らずに一心不乱に働いておりました。そういえば、このまえ休んだのっていつだっけ・・・・?(遠い目)。
昨日仕事中に突然腰に激痛が走りまして、いわゆる「ぎっくり腰」だと思われます。
で、今日は久々に休みを取りました。
このぎっくり腰ってのは厄介なもので、寝ても、立ってても、椅子に座ってても、車に乗ってても、とにかく痛い。医者に行ってもどうせ、コルセットと薬を渡されるだけだろうから、とにかく家で安静にしています。
ネットで調べたところによると、ぎっくり腰ってのは捻挫とか肉離れと似たようなもので、とにかく最初の3日間は動かさないことが重要だそうです。ここで無理をしてしまうと慢性的な腰痛に発展する可能性が高くなります。・・・・でも、休めるのは今日ぐらいなので何とか少しでも状況が改善するといいのですが。

ホントは安静にしてなくちゃいけないのですが、2ヶ月ぶりの休みなので、腰の痛みを我慢しつつ近所の本屋へ。
するとエハラ氏の「人間の絆」ってタイトルの本が。
タイトルが、ウィリアム・サマセット・モームの有名な本と同じですね。ついでに言うと宗教団体GLAの高橋圭子さんも同名タイトルのシリーズを出してますね。エハラ氏のパクリ体質は相変らずなようで(笑)。
副題の「ソウルメイトを探して」ってのも著者は忘れましたがスピリチュアル系に同名タイトルの本がありますよ。とんでもない駄作だったので著者を忘れてしまいました。

ソウルメイトってのは、「出会うべき時期に確実に出会う」ものだと思いますので探す必要はないんですがね。「ソウルメイトを探して」って時点でどうにも胡散臭い気がします。ま、いいです。お好きな方は読むとよろしいでしょう。35歳以上の独身・現実逃避型女性にはぴったりだと思いますので。

現実逃避を良しとしない善男善女には飯田史彦氏の「ソウルメイト」って本をおススメします。
どうせ読むならパクリの二番煎じ本よりも、元のオリジナルのほうがいいですよね?

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ぎっくり腰 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる