霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS つまり恋愛とは?

<<   作成日時 : 2006/12/22 15:06   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

結局のところ、恋愛ってなんでしょうね?
私は恋愛小説も恋愛映画も見ないのでカッコイイセリフは思いつきませんが、答えは知ってます。
なぜ男女は惹き合うのか・・・・それは「子孫繁栄のためです」。
これに議論の余地はありません。反論されても困ります(笑)。
子孫繁栄の欲求のおかげで人類は存続しているのであり、私やあなたが生まれたんです。
でも、それじゃ寂しい。それじゃまるで動物と同じ・・・・ま、実際に動物と同じだってのが真理なんですが、理性の動物である人間は「恋愛」って言葉を発明しました。
「子孫繁栄のために異性と付き合う」というのは恥ずかしいので、恋愛という美しい言葉に言い換えたのです。セックスだって気持ちよくなければ誰もしません。快感は種の存続のために神が与えたシステムです。
この辺を認めないと恋愛なんてできません。

画像


さて、恋愛が子孫繁栄の本能によるものだとすると、女性と男性では考え方が違うのは当然ですね。
男性は「確実に自分の遺伝子を後世に残すため複数の女性と付き合おうとする」はずです。
女性は「より優秀な子孫を残すために優秀な男と付き合おうとする」。
つまり、男性はいま付き合っている女性のことを本気で好きだったとしても浮気の可能性が高いことになります。顔が良くて生活力もあればそのチャンスも多いですからね。
女性は現在付き合っている男性が満足できるほど優秀なら他の男性と付き合おうとは思いませんし、その必要もありません。女性の浮気は「相手の男に不満がある」証拠になるので深刻です。

男性が若い女性を好み、女性が金持ち男を好むのも同様の理由です。
若い女性のほうが健康な子供を生む確率が高いし、金持ち男のほうが「有能な遺伝子」をもっている可能性が高い・・・・それに魅力を感じるのは本能であり、責められるべき事でありません。

では、すでに30を過ぎた女性や、私のような貧乏な男はどうすればいいのか?(笑)。
恋愛ではなく「縁」を求めてください。
顔とか経済力とかではなく、「一緒にいると心が安らぐ相手」を探してください。たとえ美男じゃなくても我慢して、貧乏も一緒に乗り越えてください。「運命の人」とは、ともに魂を磨くためのパートナーのことであり、恋愛の相手ではありません。
恋愛と愛は違います。
もちろん、恋愛の相手と運命の相手が一致する人もいますが、それは稀なケースだと思ってください。
「ジャニーズ系じゃなきゃイヤ」「金持ちしか愛せない」「女は巨乳に限る」・・・・30歳過ぎてそんなことを言ってる男女は一生一人で孤独に暮らしてください。世の中に異性はいくらでもいるんですから、わざわざ恋愛対象に自己中心的で峠を越えた人を選ぶ理由がありません。「運命の人」以外は・・・・ですが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
発毛
発毛についてのご案内 ...続きを見る
発毛情報
2006/12/22 18:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
つまり恋愛とは? 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる