霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS 物質と意識の関係

<<   作成日時 : 2006/09/09 14:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

人の意識は物質に影響を与えます。
と言うより、物質は意識の結晶物であり、それ自体が知性をもつ存在です。物質と意識が電子物理的に同じであることはすでに証明されていますが、説明するとながーくなるので止めておきます(手抜き)。

物理的な説明よりも、実例を挙げたほうが分かりやすいでしょう。

飛行機事故が一件起きると、その後何件か続くことはよく聞く話です。同時多発テロの2ヵ月後ぐらいにニューヨークの住宅街に旅客機が墜落する事件がありましたよね?当時のアメリカは報道管制がしかれているような状態だったからあまり大きくは報道されませんでしたけど。多くの人間が飛行機に対する恐怖心を持っていると、その想いが飛行機に物理的トラブルを生じさせます。

画像


え?信じられませんか?では、もっと身近な例で。

急いでる時に限って、車が故障しませんか?心の中の焦りがエンジンの不安定さの原因になっているのです。

パソコンを始めたばかりの頃って、そんなに無理な操作をした訳でもないのに、やたらとパソコンが故障しませんでしたか?私はパソコンを始めた年に、ハードディスクを三回も交換しました。今では、かなり無理な使い方をしているにもかかわらず、全く壊れません。自分の技術に対する信頼感が生まれると、機械も好調に動きます。

ハードディスクにデータが貯まってきて、そろそろバックアップしないとヤバイかな、と思っているときに限って壊れるもの同じ原因です。「ヤバイかな」という不安が、パソコンに物理的影響を与えているのです。
「車は誉めるとよく走る」と聞いたことがありますが、実際に燃費がよくなることが実験の結果分かっています。逆に「このポンコツ」とか罵ると、オイルの汚れが早くなったりします。

また職場においては、上司に反抗的な秘書のパソコンほどよく壊れます。また、いつもオドオドしている人のパソコンもよく壊れます。

アメリカ人は「家は20〜30年で建て替えるもの」と考えていますから、事実として、30年ほどでボロボロになります。ヨーロッパでは「家は一生使うもの」と考えていますから、30年ぐらいでは新品同然です。人の想いが家屋の傷むスピードの影響を与えているのです。

また明るい性格の女性がドレスを着ると華やかに見えるのに、陰気な女性が同じものを着ると、くすんで見え、傷みも早くなります。

物質は、誰かの想念から生み出された知性的存在です。ですから、こちらの思考に敏感に反応しているのです。

だから、飛行機嫌いの人と同じ便に乗り合わせると大変危険です。映画「フレンチ・キス」でメグ・ライアンが離陸と同時に「キャー、絶対に落ちるわ〜!」とか喚いていましたが、あんな人が数人乗っていたら本当に飛行機は落ちるかもしれません(笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
物質と意識の関係 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる