霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS ギフト

<<   作成日時 : 2006/09/02 16:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

自己啓発書にはよくこんなことが書いてありますよね。「内気は損だから積極的な人間におなりなさい」。あるいは新興宗教のパンフレットの体験談には「先生のおかげで明るく前向きになりました」・・・っっっっこのっ、バチ当たりめがぁぁぁ!!

内向的な人間は多い。その内向性は「天与の財産なので全肯定すべき」なのだ。
内気はダメだから積極人間になれ、なんてのは天に逆らう発想だと思う。
天与の個性(英語ではGiftと表現される)ならばあるがままに生きるよりほかないのだ。

芸能人ならともかく、目立つことは私たちにほとんど必要のないもの。そして釈尊の教えは「他人と同じ仏性の中におのれを消し込む事」。

仏教界においては在家、出家を問わず、ほとんどの仏教者が無名の人だ。自己の存在や名を世間に響かせることよりも空と無の世界を喜んで受け入れた人達によってこの仏教世界は現代まで続いている。

「良き仏教者と見るは、みな隠者なり」
仏教を好きな人ならば「我が心の安心」を求めるべきで、「虚名を得る」ことに気を取られるべきではない。
仏道とは「ひとり静かに心を澄ますこと」であり、会合につぐ会合、集会につぐ集会は本来の仏教からは程遠い。

画像

内向的なことは仏教者にとって有利である。
みんなで読経したり、題目を唱えることなど私には合わない。ひとりでゆっくりと瞑想でもしているほうが心が落ち着く。外向的な人間ほど、一人でいることに不安を感じる。常に携帯を握っていないと落ち着かないってのは一つの病気だ。

内向型という「才能」を与えられた人間にはこれがない。孤独に強く、一つの道を追求するのに向いている。

「内気な人間よ、自分に誇りを持て!それは才能なのだ!」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ギフト 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる